ケータイ小説 野いちご

restart * another sky *からのサイドストーリー

匂い立つ、花



「撤収しますか?」


「麻友理さん――??」


正直、私の頭の中は、航太、航太、――。

いっぱい、いっぱい過ぎて、翔平君の声なんて、全然頭に入ってこない…。


「…聞いてますか?」


「えっ??」


ビクンと、弾けるように反応した私に、驚いた眼差しが突き刺さる。


だって、突然だったんだもん。

わかってたよ?航太が来ることくらい。

玲と顔を会わすことくらい、わかってたこと。

だけど、やっぱり…それは微妙で…。

私なんてもう、関係ないはずなのに、二人が顔を会わせると聞いただけでこの動揺っぷり。

未だに航太を忘れられない自分が情けなくて。

もう、玲は新しい恋に進んでいるのに。

もう、結婚も控えているのに。

航太に会ったら、――――。

また二人がよりを戻すんじゃないのか、とか、航太は今も玲が好きなんだろうな、とか…。

ぐちゃぐちゃの思考回路に、胃がチクチクと痛みだす。


「OKなら納品書、提出して帰ろうか。」


私は二人に視線を合わさないように、片付けを始めた。

成長出来てないのは、私だけだ、――――。


「撤収―っ。」


翔平君の元気な声を合図に、車に向う。


「腹、減った!!」


若い男子二人の声に、朝ごはん、食べて帰ろうか、なんて。

私たちは式場を後にし、遅めの朝食をとるために、ファミレスへと車を停めた。

< 29/ 56 >