ケータイ小説 野いちご

逆ハーレムに巻き込まれました。

逆ハーレム構成員が増えました





■3■



――そもそも『魔法』とは、

生きている存在なら誰もが持っている精神エネルギーを

『魔法陣』を通して使いこなす事、というのが大雑把な定義である。


それを踏まえて言うのなら、『魔法陣構築科』というのはガルヴァールでもかなり重要な科目ではないか

……と、セリナは思うのだが。



「あ、あの、セリナさん……。入学早々、決闘する事になったって本当?」


「へ?えぇ、まぁ」


「その……こんな事言うのもどうかと思うんだけどさ

――構築科の人間って、他の科の人から睨まれやすいから気をつけてね」



……無難な自己紹介も終わった、転校初日の昼休み。


2-5の委員長であるアレン君が発したのは、『大丈夫?』という心配の言葉でも『なにかあったの?』と理由を問うものでもなく、

ただ淡々とした、注意事項だった。


予想外なその一言に、私はぽかん……と口をあける。







< 10/ 228 >