ケータイ小説 野いちご

都会育ちのギャルが田舎に転校してきました










「…っはあっはあ」




急いで走る。朝から全力疾走する自分を、私は尊敬してしまう。こんなに本気で走ったのは小学校の運動会以来かもしれない。


長らく走っていないせいか直ぐに疲れる。だんだん脚も痛くなってきた。膝がガクガクだ。


折角セットした髪も、風でグシャグシャに崩れている。


最悪!と悪態を付きながらも髪を押さえて走る。

< 93/ 188 >