ケータイ小説 野いちご

【完】お人好しな彼に、恋をしました。

Episode2
遠足、2人だけの秘密です


そして、遠足当日。




目的地まではバスで1時間半くらいなんだけど、乗り物酔いしやすい私は一番前の席の窓側。


隣で携帯を弄る麻桜に視線を向ける。



「ごめんね、麻桜……ホントは後ろの席がよかったでしょ?」


「いーのいーの!それより琴葉、ちゃんと酔い止め飲んだ?」


「うん。あ、たくさん持ってきたけど麻桜もいる?」


「……お菓子ならともかく、酔い止めはいらないわあたし」




< 88/ 354 >