ケータイ小説 野いちご

【完】溺愛プリンセス~最強Boysに愛されて~

▼BOYS-1-:PRINCESS
動揺が映る瞳: 類side






誰にだって、知られたくない過去くらい
あるのが普通だ。



彼女だって、そう、俺だって。










あからさまに、彼女の瞳が揺れたのを、
俺は見逃さなかった。



きっと、彼女の隣に座る雅も気付いてい
るだろう。



今まで、滅多に表情を変えることのなか
った麗ちゃん。



それを、そこまで取り乱すほど、彼女の
過去は、彼女を痛めつけているのだろう
か。



じ、と目を逸らさず、麗ちゃんを見つめ
る。



やがて、麗ちゃんは震える唇を、薄く開
いた。



「……調べて、どうするつもり……」



声が、震えてる。



顔が真っ青だってこと、気付いてるのだ
ろうか。






< 72/ 366 >