ケータイ小説 野いちご

【完】溺愛プリンセス~最強Boysに愛されて~

▼BOYS-2-:PRINCESS
あこがれの人: 悠side






あの日から、俺は。



ずっと、貴方だけを。










「……だりぃ…」



行きたくもねえ場所へ歩いてる途中で、
ぼやくようにそう呟く。



朝から俺のイライラが絶頂に達しそうな
勢いだ。



なんで俺が、あんな女の登下校につかな
くちゃいけないんだ。



あんな女っていうのは、美作麗の事。



俺の中では生意気な女でしかねえ。



あの雅が直々に、"姫"の立場に置いてく
れるっていってんのに、それを嫌がる女




姫に───雅の隣に並ぶって事が、どれ
だけ貴重なのかをわかってないバカ女。






< 115/ 366 >