ケータイ小説 野いちご

そんな俺の彼女

そんな俺の彼女
これからもずっと。


「とーだーくーん!」


「…何」


「初詣行きましょうよ〜! お正月の大イベントですよ!?」


「…嫌だ。寒いし人多いし面倒くさい」


「えぇーっ!」





あれから4ヶ月。

気づかれるまで黙っていたから、俺が実里と付き合っていると知った時の和泉は、今になっても忘れられないくらいおかしい顔だった。

そして途中、和泉という面倒な邪魔が入ったりもしたけど、何とかやってこれた。





そして今。

俺の部屋に、実里がいる。



実里は「ハッピーニューイヤー!」何て言いながら、俺の部屋に一直線。


両親と叶子と飛鳥はどっか行ったから良かったけど、もしいたらびっくりしただろうね。



< 51/ 61 >