ケータイ小説 野いちご

シスター・オルランドへの手紙

1 修道女志願

いいえ、シスター。
わたしの決意について、ご心配になる必要などないのです。心はすでに、定まっております。

********************************************



親愛なるシスター・オルランド

ダチェットはもうすっかり春の匂いでいっぱいです。
いま小さな蝶が、庭のサンザシの若葉に舞い降りました。

シスターの暖かな御導きにより、つらい冬を乗り越えることができたこと、深く深く感謝しております。わたしの心を苛んでいたつらい冬を。
この春の陽に輝く庭のように、わたしの心も明るく照らされております。シスターと同じ道を歩むのだという希望を得て。

いいえ、シスター。
わたしの決意について、ご心配になる必要などないのです。心はすでに、定まっております。
修道院での厳しい修練を耐え抜く力が、わたしの身体にはないのではとお尋ねでしたね。どうかそのことも、ご心配なさらないでください。
この冬、わたしは大変健やかに過ごすことができました。シスターのお導きにより、これまでより一層、強い信仰をもつことができたからに相違ありません。
これからも、ただひたすらに天のお父様と主イエス・キリストにお仕えするならば、わたしの弱い心だけでなく、この身体も、きっともっと丈夫になりましょう。

ですから、どうかシスター・オルランド。
わたしの誓願が聞きとどけられますよう、お力添えください。

敬愛するイエスさまとあなたの小さき羊
リルより


ユージニア・リリアン・スタンレーは、ペンを置き、書き終えたばかりの手紙の署名の上に、そっと吸取器(ブロッター)を乗せた。

……お嬢様。
レディ・ユージニア。

ドアの外で呼ばわる声に不意をつかれ、リルが思わず飛びあがりそうになる。
あわてて手紙を揃えて、ドアへと向かった。

伯爵夫人(奥様)がお呼びです。テラスで午後のお茶をご一緒にと」

パーラーメイドの言葉に、リルが静かに頷く。

小さく膝を折ってリルに挨拶をすると、メイドはすぐに、その場を下がって行った。

< 1/ 97 >