ケータイ小説 野いちご

The Story~恋スル君ヘ~

Boys Side
マサシside

グラウンドから、休憩場所まで走る。
吹き抜ける風。
風がぬるくて、めちゃくちゃ蒸し暑い。

俺、古田 昌志は、にじみ出る汗をぬぐった。



休憩場所の水飲み場。

俺の所属するサッカー部連中が、
だらだらと座り込んでやがる。


ったく、アホだなぁ。



・・・そして。




「もぉー、ウチらの休憩場所まで侵攻しないでよぉー」


女子バスケットボール部のエース、
森瀬 玲ちゃんの声。


彼女、今のところ俺の想い人なんだ。

かっわいいなぁ、ほんと。
にやけちゃうぜ、全く。



グラウンド横の水飲み場は、他の部活も使う。
女子バスケ部も例に漏れず、だ。



だから、堂々と占領して邪魔をしている
アホな俺たちに文句を言いに来たんだろう。



・・・というのは分かっているんだけど、さ。

< 79/ 140 >