ケータイ小説 野いちご

The Story~恋スル君ヘ~

Boys Side
コウキside

暑い。
死ぬほど暑い。



俺、原沢 功毅は、汗をタオルでぬぐった。




タオルには、俺のイニシャル“K・H”。
恋人のお手製だ。





県大会出場が決まったとメールすると、
翌週、学校のテニスコートに届けに来た。


「あたしは、テニスのことは分からないけど」

そう言って、彼女は笑った。

「出来ることなら何でも言って。応援する」



その“テニスのことは何も分からない“
彼女の名前は、三峰 夏帆。




夏の日差しが似合う、明るい少女だ。
いつもにこにこしている。

その笑顔は、天真爛漫そのもの。



陰気な俺には不釣り合いなほど、
彼女はとにかく陽気だ。





全くもって、理解しがたい。




< 57/ 140 >