ケータイ小説 野いちご

The Story~恋スル君ヘ~

Girls Side
レイside

「もぉー、
 ウチらの休憩場所まで侵攻しないでよぉー」



あたし、森瀬 玲は、サッカー部たちに
必死で抗議する。


だけど、あたしのコトバなんか無視して、
ヤツらは水飲み場でだらけている。



「だりーなー」

「何でこんな暑いんだよ……」

「あ、森瀬、売店で炭酸買ってきてくれよー」

「いいねー」

「森瀬、早くー」



こいつらサッカー部は、
この夏、県大会出場という結果を出した。

3年生の先輩が引退した今、
ちょっと調子に乗りすぎな感じ。





くぅ……ムカつくぅ……


あたしの所属する女子バスケ部は、
市大会4位。





……微妙な感じだ。


< 19/ 140 >