ケータイ小説 野いちご

青い糸。

いらないもの。
出会い?

残念なことに、理緒とはクラスが離れてしまった。
中学校は5クラスだったけど、高校は8クラス!
さすがに一緒にはなれなかった。

またあとでねー!って手を振ってそれぞれの教室に入る。



出席番号順に並ぶ机。
私の番号は14番。
目で机を順番に数えて席に座る。


入学式だから…と少し早く来すぎたみたい。
まだ教室には私しかいなかった。
携帯を取り出し、理緒にLINEする。

やっぱり理緒もまだ1人らしい。
自然と始まるスタンプ合戦。
何と無く笑みをこぼしながらスタンプを連打していく。



「あの…」

やっと1人目が来たらしい。

男の子だ。


「はい…。」

男の子だと知った瞬間、声が小さくなる。

「そこ…多分俺の席…」

「ふぇっ!?」

急いで机の数を数える。

11…12…1…3。

「あ!ごめんなさい!」

急いで立ち上がろうとすると、なんとなく膝に置いていた携帯が落ちてしまった。

「わぁ!」

思わず大きな声が出てしまった。

「大丈夫?」

男の子はゆっくりとしゃがみ、携帯を取り、焦る私に優しく携帯を渡してくれた。

「あ、ありがとうございます。」

一個後ろの席に座る。
男の子は私が座っていた席に座り、沈黙が始まってしまった。

男の子の机には生徒証が置いてある。

斎藤 大樹

さいとう だいき……?

男の子の名前を知った。

理緒からLINEの返信が来た。
廊下に出て来て。

廊下に出て理緒を探す。

「あ!理緒〜!」

「いたいた!やっぱ廊下も長いね!」

「ほんとだねー!」

「優菜のクラス、誰か来た?」

「あ、うん。男の子が1人。 そっちは?」

「こっちも!男子が1人だけだよーー」

「そっかー!やっぱ早すぎたかー。」

もっと早く廊下に出て話してれば良かったな。
そしたらあんな恥ずかしい思いをしなくて済んだのに…
さっきの出来事を早速理緒に話す。

「いいじゃん♪」

何故か理緒はすごく嬉しそう。

「何がよ〜!」

「だって、話せたんでしょ!?男子と!」

「まぁ、話せたけど…」

「初めの第一歩! 私もクラスの男子に話しかけてみよっかなー!」

「え!」

「うん!そうする!負けてられないからね!ってことで、解散!ばいばーい!」

手を振りながら教室へ戻って行ってしまった。
負けてられないって…そんなんじゃないのにな…

仕方なく教室に戻る。


携帯を自分の机に置いて、ベランダに出てみた。
風が気持ちいい。
校庭の奥に並んでいる桜がピンクでとっても綺麗。写真…写真撮ろう!

教室の中へ戻って机に行く。

「…あれ?携帯…」

さっきまであった携帯がない。
ふと周りを見渡すと…

なんと!!
斎藤大樹が私の携帯を持っている!

「あのっ…それ…」

「あ!ごめんごめん。」

「えっと…何してたんですか。」

「LINE。」

「え?」

「LINE、貰ったよ!斎藤…優菜ちゃん?だよね。」

さり気なく名前を呼ばれた。普段は名前を呼ばれるだけで鳥肌がたってしまうのに、何故か斎藤大樹に名前を呼ばれることが嫌ではなかった…?

いや!違う。
あまりに予想外なことをされてた驚きで、名前のことなんてどうでもよくなってたんだ……………きっと……





こんな始まり方もあるらしい…

< 1/ 1 >