ケータイ小説 野いちご

とある診療所

6.仕事開始
初日と予感

勤務初日、田中医師から紹介されて『今日から働かせていただく咲茱亜です。宜しくお願いします。』と先輩方に挨拶。


「はい宜しく。」と鈴木さん。
「宜しくね。」と高橋さん。
「………。(会釈)」と佐藤さん。





―――のちに後悔する。
緊張しすぎて些細な違和感に気づけなかった事に。

まさかこの人達に振り回されるなんて、この時は夢にも思わなかったのだから――

< 8/ 35 >