ケータイ小説 野いちご

嘘と微熱と甘い罠

罪悪感と違和感


休み明け、月曜日の朝。

閉まりきっていなかったカーテンの隙間から、漏れる外の光を感じた。





…今日もいい天気みたい、ね…。





私はため息をひとつ吐くと。

ベッドからゆっくり体を起こした。

ただでさえ月曜日の朝は体が重いのに。

今朝は段違いに重い気分のせいで、さらに重く感じた。





…会社に、行きたくない。

相良に会いたくない。

笠原さんに顔合わせられない。

でも仕事しなきゃ。

でも行きたくない。

笠原さんはフロアが違うから会わなくて済むかもしれないけど。

相良は同じ部署の上、隣のデスク。

いやでも顔合わさなきゃならないわけで。





「…もーっ!!どうすればいいのよーっ!!」





ボフン、とベッドに倒れ込んでみるけれど。

答えなんて見つかるはずもなく。

時間だけが過ぎていった。




< 94/ 325 >