ケータイ小説 野いちご

嘘と微熱と甘い罠

女友達と彼女


相良の提案で、笠原さんと飲みに行く…いや。

飲みながら仕事の話をすることになった。





が、しかし。

そこは相良と私。

大人しく話が始まるわけがない。





「相良が始めたんじゃん」

「いや、お前だろ?」

「違うよ、相良だって!!」

「はっ!?俺じゃねぇよ」

「…お前ら、ホントに仲良いな」





隣に座っている笠原さんが。

ああだこうだとギャーギャーギャーギャー。

騒いでる私と相良に視線をやりながら。

呆れたようにジョッキに残っていたビールを飲み干した。




「…はい?」





仲良い?

誰と誰が?





私は笠原さんの言葉にパチパチっと2、3回瞬きをすると。

頭の上に疑問符を浮かべながら首を傾げた。





< 30/ 325 >