ケータイ小説 野いちご

嘘と微熱と甘い罠

相良と笠原さん


カタカタとパソコンのキーボードを叩く音に。

パラパラと資料が捲り、紙が擦れる音。

発注先やら他部署に行っているらしく。

この部屋には片手で数えられるほどしか人はいない。





そんな中。

私は隣のデスクの相良と一緒に、パソコンの画面を覗き込んでいた。





「ココ、色変えた方がインパクトあるよな」

「赤、とか?」

「…白もありじゃね?」





2人で宣伝部からあがってきた新商品の販促物のチェック。

この画像が発売前のポスターになるってんだから責任重大。

いかにインパクトを与えるか。

そして。

そのインパクトには購買意欲を与えられるか。

なにせ相手は新商品。

絶対成功させなきゃいけない。

だから。

妥協は許されない。




< 13/ 325 >