ケータイ小説 野いちご

嘘と微熱と甘い罠

頭の上と首元


…なにがどうしたらこうなるんだろう。





「誰でも大なり小なり1度くらいはしてんだろ」

「俺、したことないですよ」

「浮気は男の甲斐性だって言うぜ?」

「そんな甲斐性ならいらないです。てかそれ、いつの言葉ですか」





目の前の2人はビール片手にヒートアップしてる。

この場にいる私の存在なんて。

今はないに等しいんじゃないだろうか。





「浮気のボーダーってどこだと思う?」

「それは個々の感覚の違いじゃないんすかね」

「相良の考えは?」

「心がブレても身体がブレても浮気は浮気、でしょ」

「ボーダーとは違うけど、俺は本命以外とキスはしない」

「…それ、堂々と言えることですか?」





一発触発のピリピリとした雰囲気が辺りを覆う。

軽く話を進めていく笠原さんと。

何一つ笠原さんの言葉を肯定しない相良。

この2人。

なぜか【浮気】について真剣に議論してる。





< 123/ 325 >