ケータイ小説 野いちご

嘘と微熱と甘い罠

イライラとモヤモヤ


「…じゃ、お疲れーっす!!」

「お疲れさまでーすっ」





今日は仲の良い同期での飲み会。

部署は違っても、こうして2ヶ月に1回くらいは集まっている。

まとめ役の営業部の男子の声に合わせて。

ガチャン、とジョッキをぶつける音と同時。

あちこちで咲きはじめる話の花に。

周りが一斉に賑やかになった。





「あれ?相良くんは?」

「天沢ぁ、相良どうした?」

「相方いねぇじゃん」





いつも私の隣にいる相良がいないせいか。

周りが煩い。

てか相良は私の相方じゃないからね。

そこんとこわかって?

私は誰にも気付かれないくらいの小さなため息を吐くと。

何回も聞かれるその問いに答えた。





「残業。終わったら来るって言ってたよ」




< 110/ 325 >