ケータイ小説 野いちご

いじめハンター

第2章
不思議な出来事



−柚架莉side−





「キャハハハ…ブース」





「キモいんだよ、死ねよ」





あぁ、まただ…




どうして?どうして私なの?





「ヤダー、きったなぁい」





嫌だ、私が何をしたっていうの?






私の何がいけないの?






私は高野柚架莉




ただ、平凡な女子高生だった






それだけなのに私の人生はある日突然…






平凡なものではなくなった









< 68/ 147 >