ケータイ小説 野いちご

いじめハンター

第1章
正体バレる!?



-蒼汰side-


「友達…?」


「そうよ、友達」




彼女に語りかける牧原さんはすごく優しかった




そして、どこか説得力があった





「連絡先教えてくれる?」




「もちろん!」




そう言って、二人は仲良くなっていた





彼女の心を簡単に開かせた牧原さんは何者なんだろうか…?





「もし、何かあったらすぐに連絡してね?


いつでも、助けに行くから」




「ありがとう…」






< 41/ 147 >