ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

イジワル上司のヒミツ

課長の仮面

『もーー心配したよっ!昨日はあれから連絡もないし、しかも帰って来ないしっ…』



湊さんと別れて、会社へ出勤後…

私は会社に入ると、すぐに携帯の充電をした。


そして充電をして携帯を開くと、私を心配する茉莉からの着信やメールが、山のようにきていた(汗)

私はすぐに、茉莉に電話をかけた。





「ごめんごめん(汗)充電切れちゃってさ…」

『あと1歩で、警察に連絡しようと思ってたんだからね!』

「だから、ごめんて〜(汗)」


まあ、心配して当然だけど…(汗)




『昨日はどこに泊まったの?』

「え!?……え、えっと・・」


妹にも、さすがに言ったらマズイよね……




『お姉ちゃん?』

「ああ!あのねっ……(汗)つ、剛志(つよし)の家に急に行くことになっちゃってさっ」

『剛志くん?』



剛志というのは、私の彼氏。

申し遅れましたが、これでも私は彼氏あり。


会社勤めしてすぐに、合コンで知り合った彼と、まだ3ヶ月という短い期間ですが付き合っています。




『そっか。なら安心した…』


妹に嘘ついたこなんて、本当に珍しい(汗)


ごめんね、茉莉…




『今日は私、バイトだからね』

「わかってる。彼氏のとこに泊まるんでしょ?」

< 59/ 310 >