ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

イジワル上司のヒミツ

大好き

二日後




「いい店だねえ」

「このお店、美玲の彼氏が予約してくれたんでしょ?」

「…う、うん」



日曜日の夜

約束通り、梓と沙耶香と会った。

二人はそれぞれ彼氏を連れてきて、私に紹介してくれた。


二人とも、幸せそう…

彼氏さんたちも、かっこよくて、すごくいい人だし。


それぞれ、今の彼氏に落ち着くんじゃないかな。



それよりも…

私の彼氏は、まだ来ないの(汗)




この間の生放送があった日の帰り、私はこの集まりに、湊さんも来てほしいとお願いしてみた。

そしたら、湊さんは…



「あー、いいよ」



と、あっさりOKしてくれた。

そして、結構いい個室のお店を予約してくれたんだけど…

まだ、来てないんだよね(汗)




今日は朝から撮影があるから、9時にはこっちに合流できるらしいんだけど…

もう9時半。


連絡もないし、もしかして仕事が押してるのかな。




「美玲の彼氏まだかなー♪」

「楽しみ~」


梓と沙耶香は、個室の入り口をチラチラと見て言った。




湊さん…

あんなにあっさりしてたけど、本当に良かったのかな?




「待ち合わせのお客様が、ご到着なさいました」






き、きたー




ウェイターがそう言って個室から出ていくと、足音がこっちにどんどん近づいてきた。




く、来るっ

< 306/ 310 >