ケータイ小説 野いちご

白いジャージとオレンジジュース

Sky.1
幸せな時間








青の絵具と白の絵具を同じ量だけ混ぜたような空。



そこに、ポンポンと浮かぶ真っ白な雲。









空を見上げるのが好きになったのはある女性と出会ってからだった。





彼女は、いつも空を見つめていた。






時に、微笑みながら。


時に、とても寂しそうに。






そんな彼女を、俺はいつの間にか特別な想いで見つめるようになっていた。







< 1/ 210 >