ケータイ小説 野いちご

神様の愚痴日記

少女とノート


「ふぅ、終わった〜」


私は母にお使いを頼まれて、商店街に来ています。

そして今終わりました。

「今日はハンバーグだ〜♪」

ハンバーグは私の大好物。

小さい頃からハンバーグは私の命の源。

って言えるくらい大好物♪


「ちょっと寄り道しちゃおうか…」


ひゅーーー――――


「ん?」

なにこの音?


ひゅーーーーーーーー―――


なんか段々近づいている…。


びゅぅぅぅぅぅぅぅう


あれ?空から何か落ちてくる…。

「って、えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」


< 1/ 3 >