ケータイ小説 野いちご

童顔彼氏

相談





家に帰って直ぐに、美子に電話を掛けた。
でも、出ない。


それでも、どうしても誰かと話していないと崩れそうで、次に西に電話を掛けた。



すると、すぐに出た。



「............もしもし。」


「珍しいな、優が電話かけるとか。
しかも声のトーン低いし、どうした??」



西、優しいな。





< 114/ 234 >