ケータイ小説 野いちご

新撰組~幕末に名をはせる者~

第一章
拷問という名の質問攻めですか。





「お前、名前は」



『……天野』



「それが名前か?」



『渚…』




「お前はどこから来た」



なんだ、こいつは。初対面の人に向かってお前とは。





『今、名前を教えただろう。私はお前じゃない。渚という名がある。』



土方は一瞬鬼のような顔になったが、納得したように言った。




「あぁ、そうだな。お前はどこから来た」




こいつは、天然なのか?今、私は確かに言ったよな?




『何故、またお前と言う、私は今言わなかったか?』




また、睨まれた。





< 21/ 383 >