ケータイ小説 野いちご

私の彼氏

相沢 新那の場合。
新那のどきどき




あぁ…


もうわかんないよ!





藍斗は何がしたいんだろ。





学校から帰ってきた私は部屋で


今日の藍斗のことを思い出していた。






いきなり

手繋いだり、ぽんぽんしたり

優しく笑ったり…




あぁー…///




私の頭の中は

藍斗のことでいっぱいいっぱい




「あー!やめやめ!
お菓子たーべよっ!」




うん、悩んだときはお菓子!




そう思って一階のリビングに降りると




ーピンポーン




「誰かなー宅急便?」



そう言いながら玄関に向かい


ドアを開ける。



…そこには





「へ…?藍斗?」





< 21/ 197 >