ケータイ小説 野いちご

素直になれたら〜大切な想い〜

出会い
高校4年目



春の風がロングヘアーの髪をなびかせる
今日この頃
中学から伸ばしたロングヘアーはもう
背中の下半分ある。


今頃みんなは新しい生活送ってる
んだろうな
大学行ったり専門学校行ったり就職したり


だけど
あたし、松沢夕凪は今日から
高校四年制になる。



いつもの行き慣れた道を歩いていると
急にものすごい風があたしを襲った



「い、いたっ」


目にゴミ入ったし
カラコンしてるから余計に痛いんだけど

ごしごししても取れる気配ないし
まぢで最悪なんだけど


キキィーーー!!


な、なに!?


急にものすごいブレーキ音が
あたしの耳をざわつかせた


「おい、お前◯◯定時制だろ?
道に迷っちまったから教えてくんね?」



急に話しかけたと思ったら
なんなんこの人
見た目めっちゃヤンキーって
かんじで刺青入ってるし
あり得ないんですけど


「おい、聞いてる?」


「あ、うん。定時ならこの道
た真っ直ぐ行って次の角右です」


しまった。
忘れたわ道聞いてたんだこの人


「あー、サンキュー!分かりやすいわ
てか、目痛いんか?右目押さえてるけど」


「まぁ、そんなかんじです
てか、早く行かないと間に合わないから
行きますね」


そういってあたしは
足早にその場から離れた



ちらっと後ろを見ると
まだその男の人はその場にいた。















< 2/ 13 >