ケータイ小説 野いちご

人間ゲーム

【第6章】第二ゲーム開始
家帰宅



「ただいまショコラ‥。」


あれ?


いつもは玄関で待ってくれて、オレに近寄ってくるのに‥。


おかしいな。


リビングか?


疑問に思いながらリビングへ向かうと、ショコラ隅でうなっていた。


「あ‥、ごめんな?今日ご飯あげるの忘れて。朝寝坊してそれどころじゃなかったんだよ。」


ヴー。


オレの言い訳を聞くことなく、うなり続ける。


リビングの空気が少し重苦しくなった。


「はぁー‥。」


あれ?


そういえばオレ、何でショコラ飼ってるんだっけ‥?


たまたま拾った捨て猫?


それともペットショップで買った?


考えれば考えるほど脳が混乱する。


顔も思い出せない親からプレゼントでもらった気もしてきた。


そういえばオレ‥。


この家の事もショコラも、普段当たり前のようにいるからなにも思ってなかったけど、なにも知らない‥。


わかってない‥のかもしれない。


< 45/ 231 >