ケータイ小説 野いちご

ヒミツの隠れ家

第五回



樹さんと一緒に『Caféサプリ』へ戻ると、茜さんが迎えてくれた。

「あー、よかった。千穂ちゃん、戻って来てくれた」

どうやら茜さんは、私が飛び出した理由をわかっていたみたい。

「すみませんでした……」

気恥ずかしくなりながら謝る。

「千穂ちゃんが悪いんじゃなくて、勘違いされるほどくっついてた俺達が悪いんだよ。ほら、座って」

申し訳なさそうにする樹さんに促され、カウンター席へ座った。

「樹。不安にさせたんだから、千穂ちゃんに美味しいコーヒーを淹れてあげなさいよ」
「もちろん。千穂ちゃんを想って、最高に美味しく淹れるからね」

樹さんは妖艶に瞳を細めると、カウンターへ入った。私の胸はドキドキと高鳴るばかり。

その言葉だけで、その微笑みだけで……コーヒーがなくても充分だと思った。

樹さんがコーヒーを淹れ始めると、茜さんは私の隣にやってきた。

「私と樹って、姉弟に見えない?」

可愛らしく首を傾げる茜さんは、とてもじゃないけど三十八歳には見えない。しかも子供まで……。



< 9/ 24 >