ケータイ小説 野いちご

恐怖短編集

その時

暗い部屋の中、私は膝を抱えてうずくまっていた。


小さな六畳一間のアパートにはタンスが一つ。テレビも、ラジオも、何もない。


頭に何かがうごめく感覚があって、私はそっと自分の頭に触れてみた。


少し触れたダケなのに、弱った肌はズルリとはがれて、白い骸骨が姿を現す。


触れた方の指の爪も剥がれ落ちて、その間からウジ虫が這って出た。


私はそれを見た瞬間、心からの喜びを覚えた。


腐っている! 死ねる、やっと死ねる!


その場で飛び跳ねて大声で叫びたいほど嬉しかったが、そんな元気は残っていなかった。


目の間からウジ虫が出入りする感覚を覚えながら、私はそっと瞳を閉じた……。

< 289/ 349 >