ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

極上ラブ ~ドラマみたいな恋したい~

プロローグ
9  信じたくない現実



「菜都せんぱ~い、おはようございま~す。早いですねぇ~」


相変わらず朝から間延びした声で、手を振りながら未歩ちゃんが近づいてきた。


「何となく早く目が覚めちゃって。これじゃあ、遠足に行く日の小学生と変わらないよねぇ」


アハハ……。なんて、冗談言ってみたりして。


  実際に、早く目覚めたのはホント。でもそれは、今日からの社員旅行を心待ちにしてたからじゃなくて、隣に龍之介がいたから。


  *  *  *


昨日の夜、どれだけ私が「もう無理っ!!」って言っても、そんな言葉なんか無視して何回も私を抱いたくせに。


まだ窓の外が薄っすらと明るくなりかけ始めた頃、身体の異変に気づいて目を開けると……。


「えっ、ちょっとっ、何して……」


龍之介が私の身体を弄っている最中で。


「龍之介……ちょっ……待って……」

「待てないな。よく考えたら今日から二日間も、菜都のこと抱けないと思ってさっ」


てさっ!! って、何勝手なこと言いながら、そんなところ触ってるのよっ。


朝からダメッて思ってても、身体が龍之介を欲求しちゃうじゃない。


そして龍之介に弱い私は、身体の火照りを増していき……。


朝から、頂点へと連れていかれてしまったわけで。


  *  *  *






< 180/ 278 >