ケータイ小説 野いちご

【完】るーむしぇあ。

6.恋の痛みを知るほどに

◇◇◇

「佐々木さん、よろしくね」


固まった私に気付かない様子で、木下美波は微笑みながら私の横の席に座った。


和希くんのことを好きになって4年目。

その中で和希くんが女の子を名前で呼んだことなんてなかった。


少なくとも"佐々木"と呼ばれる私より、"美波"って呼ばれてる彼女の方が近い間柄に思える。



な、な、何が起こったんだろ。今。私に。

お、お、落ち着け陽菜。



「――……な……はる……陽菜ってば!!」


「っわ!!」


「まったくもう……大丈夫?音楽室に移動だよ?」


美雪の呆れ顔と葵の心配顔が私を覗き込む。

< 80/ 362 >