ケータイ小説 野いちご

【完】るーむしぇあ。

4.迷子は導かれるように

◇◇◇

緩やかな日差しが差し込む穏やかな目覚め。


金曜の夜、私はわざとカーテンを少しだけ開けて眠る。

そうすると土曜日の朝、いい感じに太陽が差し込んで私を起こしてくれるからだ。


「和希くんおはよー……ってやっぱいないかっ」


リビングを見渡して、ちょっとがっかり。


いつも和希くんは土曜日の朝から家にいない。

どこへ行ってるのか聞いたことはないけど、何となく、触れてはいけないオーラが出てるんだよね。


のんびり寝てる私も私だけど、休みの日くらいゆっくりすればいいのになぁ。

ポットからマグカップにお湯を移して、ゆらゆらとティーバックをひたす。



外は快晴。

本屋さんにでも行こっかな……。

< 43/ 362 >