ケータイ小説 野いちご

【完】るーむしぇあ。

3.恋の行方は謎の中に

◇◇◇

「はあ、今日もかっこいい」


体育の授業、男子はグラウンドでサッカーをしている。

それをテニスコートの隅で盗み見ている私。


「陽菜ぁ、あんたってホント桜井くんが好きだよねぇ」


「あったりまえじゃん」


横で呆れ顔をしている美雪(みゆき)は、高校に入ってすぐにできた友達だ。


「まあかっこいいけどさぁ、でも──」


「きゃーー見た?!今のシュート!!かっこいいー!!」


「ああ、もう、はいはい、見てましたよ」



< 28/ 362 >