ケータイ小説 野いちご

【完】るーむしぇあ。

9.2つの勝負の夜に(前編)

◇◇◇


「じゃあもう1度、合わせてみましょう」


コンサートマスターの声が響くと、それぞれの楽器をそれぞれのポジションに掲げる。


空の青がより濃さを増し、暑いが口癖になってきた頃、外はもちろん、部活もとても熱くなっていた。


毎年、吹奏楽コンクールは夏真っ只中、うだるような暑さの日に行われる。

今はまだメンバーが発表されておらず、全員での合奏なので、音楽室はやや混みあっている。



私の横には木下美波。

おそらく、私たちが飛ばし合っている火花は誰の目にも見えているだろう。


しかし、彼女の演奏はとても正確で、間違い1つ見当たらない。


……敵ながらあっぱれ。

< 139/ 362 >