ケータイ小説 野いちご

【完】るーむしぇあ。

プロローグ


「好きです。付き合って下さいっ!!」


「ありがとう。でも……ごめん」




3年間通った中学校に別れを告げたこの日、私は3年間の片想いもこの日限りでやめようと心に決めた。



悔いはなかった。




だって、こんなにも大好きだったんだから。






< 1/ 362 >