ケータイ小説 野いちご

空と虹の境界線

*序章






゙鈴ちゃん゙



貴女は私にとって大切な'友'でした。






だから私は虹に願うよーー・・・。



どんな時代でも

どんな場所でもいい






貴女と貴女の愛した人が




また再び
この空に架かる虹の下で






愛し合えることをーーー・・・・・・。







< 1/ 68 >