ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

冷蝶と呼ばれた女

Prologue






繁華街は夜になると、


ネオンの音が流れている



ある日、


繁華街の路地裏に1人のパーカーのフードを被っている少女がいた


その少女を複数の少年が囲っていた


少女が呟いた


少女「あんた達、腐ってるね」


少年1「あ"ぁ。女だからって調子のんなよ⁇」


少女「別に、調子乗ってないから」


ーバキッ

ーボキッ


その後、その路地裏に倒れていたのは


少年複数だった


少女が、通り過ぎる時にこんな事を


呟いていた


『女だからって舐めんなよ?』


少女はその呟きと共に闇に消えて行った



彼女は皆からこう呼ばれていた








“冷蝶” と








< 1/ 192 >