ケータイ小説 野いちご

【短編】甘い野獣を愛してる

スノー・ホワイトチョコレート

 






 二月十五日、朝。

 都心には珍しく、雪が降った。

 水分を多く含んだボタ雪がうっすらと積もりはじめ、道行く人々の足を汚す。

 そんな、悪天候の上の平日にもかかわらず。

 山の手線沿線の高級タワーマンションの出入り口には、既に人が集まりだしていた。

 なにしろ、人気絶頂の俳優『神埼ヒロト』の遺体が自宅のマンションで発見されたのである。

 つい先ほどのことだ。

 彼が、なぜ死んだのか。

 出てきた遺体が無名であっても大騒ぎになのに、今回は『あの』演技派イケメン俳優だ。

 時間を追うごとに増してゆく、野次馬やマスコミは、口々に『神埼ヒロト』の名を叫び、泣き、彼の短い人生をカタり、喚(わめ)いていた。

 そんな車の列に割り込むように、新たな警察車両が横滑りで停車した。

 その運転をしている新人に『チェーン巻いとけ』と指示を出し。

 パトカーから、うっそりと出て来たのは、五十すぎのベテラン刑事だ。

 二月の服装としては、若干寒そうなよれよれのトレンチコートは、彼のポリシーらしい。

 駆け寄ってくるマスコミたちを、うるさそうに追い払った刑事は、すでに何か小物が入ってるらしい、コートのポケットに片手を突っ込み。

 もうひとつ手で『立ち入り禁止・KEEP OUT』と書かれた黄色いテープを持ち上げ、ひょい、とくぐった。

 そして、ヒロトのファンとマスコミの進入を抑えている、警備係に軽く手を振り、問題の部屋に向かうべく、エレベータホールに向かって歩き出す。

 そんな彼を見つけて、三十過ぎの中堅刑事が、小走りで近づき、ベテラン刑事に声をかけた。

「おはようございます、山村刑事。
 昨日も帰りが遅かった上、今日は非番なのに……!
 お呼びたてしてすみません」

「いいってことよ。
 警視庁は、忙しいのが基本だ。
 ソレより、安藤、今回の事件で何か新しいことが、わかったか?」

 安藤と呼ばれた中堅刑事は、うなづくと、白手袋をはめた手でエレベータの階数ボタンを押し、手帳を開いた。


< 8/ 10 >