ケータイ小説 野いちご

【短編】甘い野獣を愛してる

スィート・ミルクチョコレート(ヒロトside)

 


 チョコレート?

 ああ、食うぜ。

 むしろ大好物だ。

 ……なんだよ、マリア。

 そんな『ヒロトに甘いものは似合わない』みてぇな表情(かお)は、よ。

 おいおい。

 オレだって、酒だけ飲んでるわけじゃねぇぜ?

 羊羹(ようかん)で日本酒を飲むほどツワモノじゃねぇが、チョコレートにワイン、は好きだ。

 明日は、バレンタインだ。

 二週間前から、ウチのタレント事務所に『俳優・神崎(かんざき)ヒロト』って書かれたでかいダンボール箱がいくつもあったろ?

 それに、オレ宛のチョコレートが積まれていくのは、見てて楽しい。

 俳優は、人気商売だからな。

 大好物のチョコレートで、次の仕事が入る目安になるなんざ、クールだ。

 しかも、オレは『俳優体質』とでも言うのか?

 いくらチョコレートを食べても太らねぇし。肌荒れもしねぇ。

 好きなチョコレートを気が済むまで食べても平気なのさ。

 あ?

 チョコレートが気に入っている理由?

 そうだな。

 甘い甘い菓子のクセに、程よい苦味がしっかりあるところがいい。

 最初は、ガラスみてぇに冷たくても。

 口付けているうちに熱くなる、ところや、滑らかな舌触りが……ふふん。

 マリア、お前とのキスみてぇで、ハマってるんだ。

 チョコレートも色々種類があるが、どうせなら、激甘のミルクチョコレートだな。


< 1/ 10 >