ケータイ小説 野いちご

幼なじみと一途な恋愛

第1章
私の好きな人




頭の中は、いつもあの人でいっぱい


暇さえあれば、考えてる



私の、大好きな人


―――――――………



「……りあ!まりあ!」


「はっ……あ、愛羽(メウ)」



机に肘をついてボーッとしていた私は、親友の坂田愛羽(サカタメウ)に呼ばれて、ハッと顔をあげた



「また白石先輩のこと考えてたでしょー」

「あははっ…」



バレてたかー…



「元気ないね?どうしたの?」


「だって…」




今日は入学して丁度一週間後の朝



この一週間という短い間に分かったことがある



「……燈弥はモテ過ぎなんだ!」



そう


燈弥がモテ過ぎるんだってこと



気づいたら誰かに呼び出されていないし


戻ってきたかと思ったら、女の子達に囲まれてるし


高校に入って、もっと燈弥の近くにいられるんだと思っていた自分が甘かった






< 41/ 255 >