ケータイ小説 野いちご

強引にされたら気持ち、揺らぐんだってば

公認させて物にする
事情をよく知る友達との長電話


「もしもし、私」

「おう。今日はお疲れー。突然ごめんな。コーヒー飲むだけやったのにこんなことに……」

「いやもうそれはいいんだけどさあ……。あの、ハルトさんっていったいどんな人なの?」

「なんか言われたん?(笑)」

「いやあ……これと言って特に、は。前回と同じといえば同じなんだけど」

「じゃあなんでそんなどんな人なんって聞くん?」

「……また今度会えるんだったらメールしてとか言うの。それって業界の挨拶?」

「ないよそんなん(笑)。会いたかったらメールしてってそのまま、そのまま」

「会いたくなかったらメールしなくていいの?」

「いやまあそうやけど。2人で食事とか行きたいなあと思わへんの?」

「………」

「おーい、聞こえてるー?」

「聞いてるよ」

「ハルはええ奴よ。俺が保証する」

「じゃあもしええ奴じゃなかったら、どうしてくれるの?」

「なんでもする」

「(笑)。無謀すぎるよ、そのワランティ(笑)」

「いやほんまやで? 俺がなんでもするってくらいに奴はええ奴なんよ」

「普段から何でもするじゃんユウジさん」

「せーへんよ!!」

「ミニスカで男誘惑してって言ってもするでしょ」

「するかー!!」

「(笑)」

「ええよ、ハルがええ奴やなかったらしたるよ」

「えー、軽いなあ。そんなの誰でもできるよ」

「できんよそんなもん(笑)」

「じゃあ二丁目でもできる?」

「やったるやったる」

「すごい自信だね」

「でなかったら言うかいな」

「ふーん」

「いっとき。ええ奴やから。大丈夫」

「いっ、いっときって。どこにも行かないよ」

「ハルにいくんやろ?」

「別に……私、ユウジさんと2人の方が楽しいしなあ」

「俺のこと好きなん?」

「……あまりの暴言に怒りで我を忘れそう」

「(笑)」

「大丈夫。好きだったら好きって言うから」

「えー、そう?」

「そんなことないから!」

「うん、ないと思う」

「なんだろう……。きっと私たちが付き合ったら、絶対別れると思う」

「そう? なんで?」

「えー。こんなはずじゃなかった!!の繰り返し」

「どんな酷い奴なん俺!!」

「パソコンの前じゃ彼女を忘れたりする」

「でもまあそれは仕事やからね」

「うーん、私は私一番じゃないと嫌だから。仕事の次とか言われるの、嫌」

「仕事と私、どっちをとるの!?」

「いや、そのときは仕事でいんだけど」

「仕事かいな!」

「だけどなんというか……。優先順位だよね、大事なのは」

「……同じちゃぅそれ?」

「かな?……いや、あの、とにかく。話したかったことは特にないのよ」

「こんな長電話しといてないの?(笑)」

「うん、やっぱないや」

「あそう……じゃあそろそろ寝ようか」

「うんそだね。おやすみ」

「ああ、今日ありがとう。そういえば」

「いえいえ……おやすみ」

「おやすみぃ」


< 14/ 16 >