ケータイ小説 野いちご

強引にされたら気持ち、揺らぐんだってば

公認させて物にする
押してダメなら引いてみろ

 もちろん私はここで帰るつもりである。アイスも注文したかったが、そういうわけにはいかず、帰りにコンビニで買って帰ろうと算段しはじめた時、

「まだ時間大丈夫?」

 と、ハルトに聞かれた。

「え!? え、いや、でも、まあ……」

 どっちともなんともとれないような返事をしたものの、突然飲み会に乱入しておいて、二次会まで付いてくるとは失礼すぎではないか?!と思い直し、

「じゃあ行こう」

「えっ、いやでももう帰ります」

 その方が多分周りが落ち着くだろう。ハルトはともかく、まだ数人がハルトと飲みたい
と思っているに違いない。

「帰るの?」

「え……まあ……」

 そんな凝視して聞かれるとなんか困るんだけど。

「じゃあ今日は解散!!」

 へ?って今行くって言わなかったっけ……き、気が変わったの!?

「よっしゃあ!! 家帰ってゲームしよ」

 私よりも若そうな男子が笑顔でこぶしをあげた。なに、二次会って無理矢理なの?

「えー、誰か次行こうよ」

 中年のおじさんがこちらを見て言ったが、もちろん知らんふり。

「じゃあ行きますか。俺いいとこ知ってますよ」

 似たような風貌の男がそれに返事をした。

「えー、この2人ってないよなあ。アマミちゃんは暇?」

 ヤンキー風の女の子が一人いたが、外見通り

「全然、もう帰ります」

と、きつい一言を放った。

「じゃあ紗羅ちゃん送るよ。今日は突然だけど来てくれてありがとう。皆盛り上がってたよ」

「えっ、ああ……」

 え、今送るとか言った?

「車まわしてもらうからちょっと待って」

 って、え゛―!? またぁ……。

「いえあのそんな、そんな飲んでないし、自分で帰れます!!」

「タクシーだとお金かかるし、せめてものお礼だよ」

 その妙な紳士な態度が余計怖いが、素直に受け取る他ない。

「……ありがとうございます」

「じゃあ俺も一緒に乗っけてってもらおかなー」

「ユウ、暇でしょ?」

「うん、だから……」

「歩けばいいじゃん」

「うそぉ!!こっから一時間はかかるよ!?」

「(笑)。どうしても乗りたいというのなら乗せてってやるけど」

「ええよ、犬掻きで帰るから」

「(笑)犬掻き」

 私とハルトは同時に同じセリフを出すと、笑った。

 結局ユウジは同じ方面の人のタクシーで帰り、私はハルトのSPが運転する高級車に乗って帰ることになった。

「今日は突然すみませんでした。ありがとうございました」

 強引に連れて来られた形ではあるが、結局全額ハルトが払ったらしく、とりあえず後部座席に乗るなり礼を述べた。

「……僕はね、今日はユウに感謝しなきゃいけないと思ってるの」

「え、何をですか?」

「予想もしてなかったのに、紗羅ちゃんに会えたこと」

 ま、また始まった……。

「え、はあ……」

 暗い車内で、ハルトがずっと前方斜め下を見ているのをいいことに、私はその横顔をただ見つめていた。

「ほんとはずっと会いたかったんだけどね……。時間が深夜だったりして連絡もしそびれたり」

 いや、前回から一週間しか経ってませんけど!?

 にしても、今日はえらく弱気だ。押してダメなら引いてみろ、のつもりだろうか。

「今日ユウが会ってると思うと、我慢しきれなくって……ちょっと無理言った。ごめんね」

「えっ」

 思いかけず、目が合って動揺した。

「いっ、いえ!! 大丈夫です!!」

 というか、ちょっとの無理ではなかった気がする。あの時ユウジは随分押されていたようだったし。

「気付けばユウに嫉妬してた」

「……」

 えー、とかへーとかあーとか、全部違う気がして、黙った。

「……聞いてる?」

「えっ、あ、はい!!もちろん聞いてます……」
 
「また今度、会おう」

「えっ……」

「嫌なら別にいいから。良かったらまた、電話して。メールでもいいし」

「あっ、はい……」

 そろそろ目的地に到着する。ハルトはそれを惜しむのを隠さず、

「あー……もう着いちゃうね……」

と、小さく言った。

< 13/ 16 >