ケータイ小説 野いちご

Time〜元新撰組と現代少女〜

再会





その後、栞は4月7日の夜に無事、壬生に到着した。


旅館を社長は用意してくれていたのだが。





栞「どうして一泊ぶんしか無いんだろう……………?」


私は、自分しかいない旅館の部屋で1人呟いた。


取材………って訳でもないし。





栞「まぁ、今日はゆっくり寝ますか。」


私は、いつもより早めに布団に入ったのだが………





栞「あ、着物一人で着れるかな…………………まぁ、いっか。」





< 7/ 290 >