ケータイ小説 野いちご

冷酷社長の極上の愛

2.冷酷社長の想い人
②複雑な思い

【宗吾side】

亜紀の後姿を、

ただただぼんやり眺めていた。

・・・

その時、

フラッシュバックのように、

数年前の出来事が頭の中を駆け巡った。

・・・

今から10年前。

私は今と同じような経験を、

同じこの場所でしたことがあった。

・・・

想い人だ。

彼女とはよくここで会った。

一人ではないらしかったが、

オレと会うときはいつも、一人だった。

「その花、綺麗ですよね」

椅子に腰かけ、花を見つめていると、

頭上からそんな言葉が降ってきた。

・・・

突然声をかけられた言葉に驚き、

上を見上げると、

花に負けないくらいの綺麗な笑顔をした

彼女・・・

その容姿とは裏腹に、

年齢は全く分からない・・・

< 64/ 275 >