ケータイ小説 野いちご

きみと泳ぐ、夏色の明日

6M  深い場所で水屑となる


***


週末。せっかくお昼過ぎまで寝ていようと思ったのに、あまりの暑さに目が覚めてしまった。

窓は全開なのに風はひとつも通らないし、太陽は今日も元気にフル稼働。


休日でも関係なく両親はどっちも仕事だから、家の中にいるのは私だけ。リビングでぼーっとワイドショーを見たあとに冷蔵庫に入ってた野菜ジュースを朝ごはん代わりに飲んだ。


さて、どうしようかな。

このままゴロゴロと過ごしたいけど、ひとりきりの家は苦手だ。とても静かだし、色々と余計なことを考えてしまう。


結局、私の頭で考えた結果。人がいて、でもうるさくなくて、涼しくて快適な場所といえば図書館しか思いつかなかった。

べつに勉強が好きというわけじゃない。

ただやって損はないから人並みにこなしてるだけ。


半袖の白いワンピースにスニーカー。そして日焼け対策のキャップに黒のリュックを背負って外に出た。

一歩地面を歩いただけで、ジリジリと強い紫外線。


……ああ、なんでこんなに暑いの。

ちょっと今年は異常じゃない?


すでに出掛けたことを後悔していたけど、足を止めることはなかった。


< 55/ 164 >