ケータイ小説 野いちご

きみと泳ぐ、夏色の明日

2M  きみが見た青の世界


***


次の日の朝、私は寝不足のまま目が覚めた。

暑さのせいで食欲もないし体もだるい。夏って本当に厄介。


少し早めに家を出て、そのまま学校に向かった。

スポーツ推薦が多いこの学校は設備も充実していて、朝から沢山の生徒が朝練をしている。


「あ、すずおはよう!」


緑色のフェンスの向こう側で紗香が手を振っていた。紗香はテニス部に入っていて部活の仲間も多い。

それに対して私はどこの部活にも所属していないし、相変わらず馴れ合うことを知らない。


「お、間宮じゃん」

水泳部の室内プール場から出てきたのは須賀。

授業で使うプールは外にあるけど、水泳部は普段屋内で練習をしている。

中には競泳の他に飛び込み台もあって、水泳部の設備もしっかり整っていた。


「ひとりで登校?部活やってないんだっけ?」

須賀の言葉が嫌味に聞こえてしまうのは私の心が歪んでいるから。


< 12/ 164 >