ケータイ小説 野いちご

人喰い蟲

変幻自在


その頃、




教授の心臓を
食いちぎった寄生虫は




繁華街を歩いていた。





『ねぇちゃん、スッゲーいいとこしってんだけど行かない?』



金髪に無数のピアスを至るところにつけた男に





寄生虫は微笑む。







寄生虫は豊満な胸を
男の腕につけるように
腕を絡めると、





男と共に、



ネオンの煌めく、



暗闇へ消えていった。




< 16/ 73 >