ケータイ小説 野いちご

黒い蝶

2章
5___


[斎藤 一side]



翌日。




紫羽を連れて、新選組の屯所に向かう。









俺達が滞在していた宿からは、

少し遠い。







斎藤「紫羽。大丈夫か??」



紫羽「え?何がですか??」



< 58/ 427 >